貸株あれこれ

いろいろと調べたでござる。

用語からの確認になるけど、そもそも
貸株があることによって空売りができるようになる
という話で、高いコストを払ってでも空売りがしたい
そんな銘柄に貸株料が高くなる?
んで、、
品貸料(しながしりょう)または逆日歩は、
空売りをするときにかかる手数料で
株が不足したりするとめっちゃ高くなる
なんかそんな感じ(超適当)


2ヶ月くらい実際に使ってみて、
実質毎日配当が貰えるなーとか
でもリスクあるんだよなーとか
0.1%と1%、10倍の差エグいなーとか
オリコン6.5%ってなんじゃこりゃ??とか

あと、信用を現引きして手持ちを貸株に出したら

いわゆる追証、セルフ追証はさすがにワロタ

計算上はよくても、受け渡しの時差があるんだった。

というかこれが起きたのも

SBI証券の貸株、例えば1,000株持ってたとして
0株(貸株しない)か1,000株の選択肢しかなくって
1,000株の内500株だけ貸株~とかができなくて

でも、貸株に出した後そのまま買い増しすると
実質は1,000株の内500株だけ貸株~とかできるという。

そんな妙なこと試したらセルフ追証は流石にワロタ(2回目)

貸株利率0.1%の高田さん、代用有価証券に戻したけど

こんな感じで11/10には間に合わない模様。

はやい話が信用手放せってアレだけども…

コメント

タイトルとURLをコピーしました